リフォーム工事の種類

女用

段差を解消するだけでなく、廊下や階段に手摺を取り付けるのも介護リフォームの一つとなります。高齢者が気をつけなければならないのは室内の温度変化であり、特に浴場は心筋梗塞を起こす恐れがありますので、ヒートショック対策を施すことが大切なのです。その他にも床の素材をフローリングから滑りにくい材質のものに変更したり、扉を引き戸にして出入りしやすくするという方法もあります。二階建ての住宅ではエレベーターを設置することもあります。

■住宅の介護リフォーム
住宅を新築するとき、建築主が高齢であったり、高齢の親と同居の予定があるなどの場合のほかは、介護に適した要素を、あらかじめ取り入れることは、あまり多くはありません。
ほとんどの新築の場合では、当座の生活に適した要素を重要視するので、将来的な介護の要に関しては、あまり関心を持たないことが多いからです。
そこで、介護の必要が生じた際には、住宅を介護リフォームしなければならなくなることが多いと考えられるのです。

住宅をバリアフリー化

集団

具体的な介護リフォームとしては、高齢者が車いすに乗って生活するようになった時に、扉や玄関そして浴場などの段差を無くしていかなければなりません。玄関にスロープを付けて、そのまま住宅内に入れるようにするのです。バリアフリー化することで、ケガを未然に防ぐことができますし被介護者が自発的に行動しやすくなります。最近では新築住宅を建設する際に、将来に備えて予めバリアフリー化した設計をするケースも見られるようになりました。

■快適な住宅にするリフォームを諦めないで
快適な住宅にするためのリフォームについて、予算を理由に簡単に諦めないほうがよいです。リフォームの種類によっては介護保険が利用できますし、減税を受けることもできます。
介護リフォームを行ってバリアフリーにすることで家庭内の事故を未然に防ぐことができます。介護する側もされる側も快適に過ごすことができる住宅にすることは無駄ではありません。どのようにすれば予算内で快適な住宅を実現することができるのか、業者に相談してみるとよいです。

リフォームに補助金

建設

両親が高齢化しても日常生活が送りやすいように、自宅の段差を解消してバリアフリー化するなどの介護リフォームの必要性に迫られることがあります。自治体やその時期の法制度にもよりますが、住宅内をバリアフリーにするなどのリフォーム工事をすると、補助金が受け取れることがあるのです。ただし全てのリフォームが該当するわけではないので、いつも相談しているケアマネージャーや自治体の担当者に確認をしてから工事を始めると良いです。

■介護リフォームには介護保険が利用できます
住宅をバリアフリーにしたくても、予算がなければ実行に移すことができません。住宅を介護のためにリフォームするときには、介護保険が利用できます。
給付対象者が給付対象となるリフォーム工事を行った場合、介護保険を利用することができます。適用となる工事や支給される金額について調べてみるとよいです。補助金の支給などは、そのときの状況によって変わることがあります。詳しいことは業者に相談するなどして調べると良いです。

介護に適した家とは

男用

介護に適した家と一口にいっても、その具体的な内容は一律ではありません。介護対象者によって、具体的な介護の内容は様々なので、それに応じて、家のあり方も変わってくるからです。
そこで、介護リフォームを検討する際にも、具体的な介護の内容を検討することが必要になるのです。すでに介護が始まっている際には、このような介護の内容は想定しやすいものですが、将来的に必要になる内容についても、想定しておくことが大切です。

■バリアフリーの役割とは
介護リフォームの内容としては、バリアフリーを考えることがよくあります。介護が必要な人にとって、室内の段差などは不適だからです。
家の中の段差などをすべて撤去してしまえば話は簡単ですが、それだけ費用がかかります。
介護リフォームといっても、特定の人の介護に適したリフォームであれば十分です。そこで、実際に、介護するときに問題となる箇所を具体的に検討して、その部分にリフォームを集中させることが効率的なのです。